著書 | 内田茂樹のオフィシャルサイト

内田茂樹の公式サイト

安心してがんと闘うために知っておきたいお金の実際

menu

著書

安心してがんと戦うためにお金の実際

がんにかかった人の8割が心配する経済的負担。やりようによっては大幅にカットできる医療費の補助の実際を、実例をもとに紹介。

●がんになると医療費は年間で100万円前後かかるといわれている。そのうえ、働いている人が2週間に1度通院する場合、平均200万円の収入減が見込まれる。トータル300万円近いお金が減るとなると負担はかなり大きい。

●したがって、がん罹患者の8割が経済面のことを気にしているというのも当然のことだろう。

●ところが、「高額療養費」や「傷病手当金」、「雇用保険」などの社会制度を利用することで、驚くほど医療費は下げられる。これを実例を出しながら見せていく。また、生命保険などを活用してお金の負担を軽減する方法も紹介。2人に1人ががんにかかる時代だからこそ、節約できるお金の実際を示したい。

  • ●第1章:実例で見るがんとお金の実際
  • ●第2章:がんになるとどんなリスクがあるのか?
  • ●第3章:実際にかかる費用の内訳
  • ●第4章:どうしたら治療費を抑えられるのか?
  • ●第5章:公的保障を使い倒す
  • ●第6章:生命保険・先進医療の実際

出版社: 主婦の友社
発売日:2015年8月26日
価格 :¥1,512(税込)
≫ご購入はこちらから